React、yarnのインストール (create-react-app)

JavaScript, Node.jsnpm, React, yarn

Reactの動作環境の構築にはいろいろなライブラリのインストールが必要ですがそれがまとめられている環境のインストールを説明します。

前回の記事でNode.jsのインストールが完了していることを前提としています。

コマンドプロンプトで上記のコマンドを実行します。

そしてインストールが終わった後に同じくコマンドプロンプトで

でバージョンが表示されれば問題なくインストールされています。

 

ついでにyarnをインストールしてみましょう。

yarnはnode.jsのパッケージマネージャであるnpmと同じようなパッケージマネージャでより信頼度のあるものです。

まあPython界隈のcondaみたいなもんですね。

が完了し

でバージョンが表示されれば問題なくインストールできています。

ちなみに-vでも–versionでも大丈夫だと思います。

 

次回は実際にReactのひな形をインストールしてローカルのブラウザ上で表示してみます。