Python の環境作り決定版(anacondaとPycharmを使います。)

2018年11月18日Pythonanaconda, pycham

1:anacondaのインストール

Downloads

最新版をダウンロードしてインストールしてください。

検索窓でanaconda navigator がインストールされていることを確認し起動します。

 

criateでpythonのバージョンを選んで環境を作成し、その環境でコマンドプロンプトと起動させ、必要なモジュールのインストールとかができます。

便利んごね。

試しにcreateから名前を「test_env」としてpython3.6を指定し環境を作成しましょう。

作成中は右下のインジケーターが動いてるかと思われます。

インストールが終わるとその環境で右クリックしopen tarminalでコマンドプロンプトを起動させてみましょう。

左上にenvs(作った環境たちのディレクトリ)までのパスが表示されていると思います。

重要なのでコピー、デスクトップにリンクしておくと便利かもしれません。

2:Pycharmのインストール

https://www.jetbrains.com/pycharm/download/#section=windows

無料のcommunityエディションをダウンロードインストールしてください。

起動させたら右上Fileからnew Projectで新規プロジェクトを作成しましょう。

作成時にそのプロジェクトの名前と実行されるpython.exeファイルを指定します。

そこでProject InterpreterをSystem Interpreterを選択し歯車マークからAnacondaで作った環境のpython.exeを選択します。

ディレクトリはおそらく、

C:\Users\ユーザー名\Anaconda3\envs\”Anacondaでの環境名「test_env”\python.exe

です。

python.exeを指定するUIが絶妙に使いづらいですが頑張りましょう。

 

先ほどしらべたenvs内の作成した環境の中にpython.exeがあるのでそれをしていしてOKでプロジェクトを作成しましょう。

※pythonw.exeとかいろいろ別なファイルがあるので注意です。

プロジェクトを作成したら新しく.pyファイルを作成します。

名前は適当に。

 

3:HelloWorldの実行

こんな感じでしょうか。

右上に再生ボタン(実行ボタン)っぽいのがありますがまだ押せません。

上のRunからRunで実行したいpythonファイルを選択し実行してください。

下のコンソールにHello BYTEと表示されれば成功です。

 

Happy Python Life.