JavaScript①関数文と関数式の書き方。

JavaScript

JavaScriptには基本的な関数の書き方が2種類あります。

関数文と関数式です。

二つの関数を使ってみます。

JavaScript関数の特徴

JavaScriptの関数では引数を多く、あるいは少なく渡すことが可能です。

渡していない変数を関数内で利用した場合、undefinedとなります。

それを解決するのがargumentsを使い引数をループ処理する方法です。

関数文

 

他の言語でもお馴染みの書き方ですね。

()内に変数を入れるなどの動作は同じです。

またファイル内のどの位置で宣言してもかまいません。

宣言前の行に Func1(); とし関数を実行することが可能です。

しかし、もう一度同じ関数名で宣言することはできません。エラーとなります。

関数式

関数式の場合、関数を変数に代入し利用することができます。

この書き方の場合、Func2();と書いて関数を実行しますが、Func2は変数のため、宣言前に実行することはできません。

しかし、変数なので同じ変数名に上書きすることが可能です。

JavaScript

Posted by Yuya